うなぎの蒲焼きの作り方は関東と関西で全然違う

うなぎの蒲焼きの作り方は関東と関西で全然違う

うなぎの蒲焼きの作り方は、関東と関西で作り方にかなり違いがあります。その違いについてご紹介します。

 

 

捌き方の違い

まずうなぎの捌き方です。関東地方は背開きなのに対し、関西地方では腹開きにします。

 

関東地方では、腹を割くのは「切腹」を意味するので縁起が悪いとされ、背開きにしているようです。関西地方では、江戸時代に商業が大阪で「腹を割って話そう」という意味から腹開きが採用されているとのことです。

 

 

串の打ち方の違い

つぎに串の打ち方です。

 

関東地方では、竹串で縫うようにうなぎを刺しますが、関西地方では、金串で頭や背ビレ、尾ビレを付けたまま刺します。

 

これは、関東地方は蒸してから焼くので、焼き時間が短いため、竹串で十分だからです。

 

 

焼き方の違い

そして焼き方です。

 

関東地方では、素焼きしたあとに、一度蒸してから、焼くのに対し、関西地方は、蒸さずに長い時間をかけて焼きます。

 

一度蒸すのは、皮や身が柔らかくなるからです。また、余分な脂肪を取り除くことができます。

 

以上、関西と関東のうなぎの蒲焼きの調理法の違いについて紹介しました。