青汁とグリーンスムージーの違いを比較してみた

青汁とグリーンスムージーの違いを比較してみた

最近世間で騒がれているグリーンスムージーですが、見た目は昔からある青汁と似ています。いったい青汁とグリーンスムージーでどのような違いがあるのでしょうか?比較してみました。

 

 

青汁とグリーンスムージーの違いが分からない人は多い

グリーンスムージーは注目されてからまだ日が浅いため、認知度が低く、ネットでも違いが分からない方が多いようです。

 

「グリーンスムージーって何?青汁と違うの?」

 

「色が青汁っぽい」

 

などの投稿が多く見られます。

 

 

原材料が違う

青汁もグリーンスムージーも青野菜をミキサーなどですり潰して液状にした飲み物です。ですので、青野菜の酵素や栄養素を摂ることができます。

 

しかし青汁は一般的に野菜のみを使用しますが、グリーンスムージーは野菜だけではなく、果物も原材料として使用します。

 

果実の甘みがある分、グリーンスムージーの方がカロリーや糖質が多いです。

 

 

飲みやすさが違う

青汁はやはり野菜のみしか使用していないので、甘みがなく青臭くて飲みづらく感じます。しかし、グリーンスムージーは果物の酸味や甘みがあるので、とても飲みやすいです。野菜嫌いな子供でも飲むことができるので、お母さんたちにも人気があります。

 

 

発祥地が違う

グリーンスムージーはアメリカが発祥地です。それに対して青汁は日本が発祥地と言われています。

 

最近は果汁が入っている青汁も商品化されていますので、発祥地や名称が違うだけで中身はほぼ同じという見方をしている人もいるようです。