グリーンスムージーで下痢や腹痛が続く原因は?

グリーンスムージーで下痢や腹痛が続く原因は?

グリーンスムージーを飲むと人によっては下痢や腹痛が続くみたいです。原因はいくつかあって、人によって異なります。

 

 

グリーンスムージーの好転反応

グリーンスムージーを飲むと、一時的に体内の悪いものを外に出そうとする好転反応を起こすことがあります。腹痛や下痢になるのは、この好転反応である可能性があります。

 

この好転反応は1日から1週間程度で治るようです。ですので、それ以上症状が長く続く場合は、別の原因を疑った方が良いかもしれません。

 

 

アレルギー反応

下痢や腹痛が続くのは、グリーンスムージーに加えた、野菜や果物に対してアレルギー反応を起こしている可能性もあります。

 

これまでアレルギー症状が出たことのない食材を使用していたとしても、ずっと同じ食材を使い続けてそれを飲んでいると、疲労やストレスが溜まっているときに、発症する恐れがあります。

 

花粉を吸っても何ともなかったのが、吸い続けることによって花粉症になってしまうのと同じ原理です。

 

グリーンスムージーを別の食材に変えてみて、症状が治まるようであれば、アレルギー反応を疑った方が良いでしょう。

 

食材のアレルギーについては、病院でも簡単に検査できますので気になる方は、検査を受けてみることをオススメします。

 

 

添加物の影響

市販のグリーンスムージーを飲んでいる場合は、グリーンスムージーの添加物の影響が考えられます。

 

市販のグリーンスムージーには、人工甘味料や保存料などが含まれているので、それが身体にあっていないのかもしれません。

 

また、人口の食物繊維が含まれていますので食物繊維の多量摂取による症状であるとも考えられます。

 

そういったサプリメントや健康食品の健康被害が最近増えてきています。身体に合わないと思ったら中止して医師に相談をしたほうが良いでしょう。