骨盤のゆがみを直せば、ぽっこりお腹は引っ込められる?

骨盤のゆがみを直せば、ぽっこりお腹は引っ込められる?

毎日腹筋をしたり、食事制限をしてもなかなか下腹部のぽっこりが引っ込まないことで悩んではいませんか?下腹部のぽっこりが引っ込まないのは、原因が他にあるからです。その原因について説明をします。

 

ポッコリお腹の原因は?

ぽっこりお腹の原因は、「骨盤が開いて内蔵が下がっている」ことです。ですので、内臓が下に落ちている下腹部の部分だけがぽっこりと出てしまいます。

 

骨盤が開いてしまうのは、普段の生活習慣での身体の使われ方で、骨盤周りの筋肉のバランスが崩れるからです。また、女性の場合は出産によって、骨盤がゆるみますので、産後ケアをしっかり行わなければ、骨盤が開いたまま元の状態に戻らないことがあります。

 

ですので、ぽっこりお腹を解消するには、骨盤のゆがみを修正する必要があります。

 

骨盤のゆがみを直すには?

では、その骨盤のゆがみをどうやって修正すればよいのかといいますと、内ももやお腹の深層部の筋トレや、股関節周りのストレッチが有効です。

 

いわゆる普通の腹筋ですとお腹の表面の筋肉が使われて、深層部の筋肉があまり使われないので、骨盤のゆがみを整えるのには効果的ではありません。

 

あとは、いま人気を集めている骨盤ベルトを毎日つけることによって矯正することができます。